ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

【雑談】コスカラ

0300_original

1月10日に赤坂パセラにてコスカラ(コスプレしてカラオケ)を開催しまして、約20人のレイヤーさんたちにご参加いただきました。本当にありがとうございました(゚∀゚)

アーカイブやツイッターを見ていると、最近は何百人が参加する大型コスカラなんかもを見かけるようになり、ものすごい大盛況みたいなので、前々から自分でもやってみたいなーと思ってまして。

ただ、いきなり「誰でも参加できる」オープンタイプだとリスクも大きいので、今回はオープンβ版ということで「フレンドのフレンドまで」参加可能にして開催してみました。

いろいろと質問されるので、経緯やコンセプトなどを説明します。

じつはオレ、アーカイブに居座る以前はmixiでオタクのオフ会コミュの管理人をしていて、2007~2009年くらいは、そこでオレはオフ会やカラオケを主催していました。コミュは今でも存在しているのですが、ここ数年は放置しています……。

で、その当時からコスカラオフ会ってちょこちょこ見かけていたんですよ。

コスカラって、参加者全員がひとつの部屋に集まる大部屋タイプと、部屋がジャンルに細かくわかれた小部屋タイプがあるんですが、オレが好きなのは大部屋タイプ。

初めて参加したコスカラがこの大部屋タイプでとにかく楽しかったので、そのイベントのいいところだけを取り入れて、自分なりにアレンジしてみようかと思い、当時を思い出しながら企画してみました。

ニコニコ超会議の「超歌ってみた」ブースや、ニコファーレの不定期イベント「のど自慢」も、この大部屋タイプの発展系といえます。

まあ、カラオケオフで大部屋方式だと、普通の人はこう考えるかと思います。↓

まず大部屋で大人数のカラオケだとなかなか自分にマイク回って来ないし、かといって歌えたとしてもそんな大人数の前で率先して歌いたいわけでもないし。てか、緊張するから大部屋とかで歌いたくないし(゚⊿゚)

じゃあ聴く立場になったところで、知らない人の聴いたことないような曲とか聞かされもぶっちゃけ面白くないし、好きな曲が雑な歌い方されたり音痴だったりしたら、許せないし。

そんなところじゃないですか? なので、オレがやりたい大部屋タイプのコスカラは、以下の点を意識しています。

まずコスプレは、アイドル衣装限定。これは、参加者みんなアイドルレイヤーってことは、みんなアイドルコスしたいと同時に、かわいいアイドルレイヤーさんが歌って踊っているところを見たいはずなのでw

で、カラオケ映像はニコニコにうpされているニコカラ動画、もしくはDAMやジョイの場合でもアニメ映像必須。これは、知らない曲でも動画を見ているだけで楽しいので。特にボカロ曲の場合は、初見だと「こんな面白いPVの曲、あったんだ!」となるので。

事前に歌いたい曲をリクエストしてもらってニコカラ動画を用意して、セットリストを決めてしまいます(要はのど自慢形式としてしまう)。

この曲で踊りたいので、誰か歌ってほしいというリクエストも受け付ける。

こうすることでマイクが回ってこなくても楽しめるし、たとえまったく歌わなくても、かわいいレイヤーさんが歌って踊っているところを応援するだけで楽しいので、歌わない参加者も増えるわけです。

で、自分がステージに立ったときは、かわいいアイドルを全力で演じて歌い、ステージを降りたら今度は客として全力で応援する側に回ることになります。

自分が客のとき演者を応援していれば、自分が演者のときはお礼として今度はみんなが自分を応援してくれるからね。

まあアイドルの自給自足というか、自前調達みたいなモンで、こうすることによってスタートから終わりまで、盛り上がりのテンションを維持できるんですよね。

ただし選曲が重要で、あまりに誰もが知らないマニアックな曲だと盛り上がりにくいんですよね。マイナーな聴いたことない曲でも抱腹絶倒の爆笑MADだったり、PVのデキがよかったり、歌い手が弾けていたりすれば全参加者が初見でも盛り上がるので、そのへんは参加するみなさんのセンスによります。

例えば、りゅぜが歌った那月のキャラソンなんかは、オレまったく聴いたことなかったんだけど、すっごい面白かったしwww なので大部屋コスカラは、「ただオレが歌えればいいのだ」ではなく、「みんなで盛り上がっちゃおう!」というスタンスで参加してもらえることが大事かなと。

で、せっかくみんな気合いいれてアイドルコスしてくれているので、撮影ブースを設けてきちんと個撮タイムも設けたいなと思いまして、これは凄腕カメラマンのsumくんと協力して、パセラの一室に撮影ブースを設けてキッチリと撮影できるようにしました。

まあ準備はちょっと大変でしたが、大きなトラブルなく無事に終了することができ、みなさんにも楽しんでいただけたようなので、何よりですε-(´∀`*)

最後は時間がたりなくなってしまったので、そこは次回に生かしたいですね。

次は7月頃にやりたいなーと思っていますので、またぜひご参加ください。今回は様子見だった方も次はぜひ!

●セットリスト
God knows…
Shocking Party
硝子ドール
Cutie Panther
Rainbow Girl
恋は戦争
空色デイズ
右肩の蝶(レンVer)
START
+♂(ぷらすだんし)
君の知らない物語
隣に...
にこぷり女子道
private war A-RISE
relations
眠り姫
檄!帝国華撃団(改)
もぎゅっと loveで接近中!
秘蜜~黒の誓い~
START:DASH
カレンダーガール
おこちゃま戦争
射手座☆午後九時Don’t be late
Love marginal
ワールドイズマイン
星間飛行
☆YELL☆(四ノ宮那月)
soldier game
magnet
きゅんっ!ヴァンパイアガール
星屑ユートピア
Honey Heartbeat
カラフル×メロディ
乙女よ大志を抱け
My Secret 会長はメイド様
夏色えがおで1,2,Jump!!
恋をはじめよう
千本桜
恋のシグナルRin rin rin!
Little Busters!
マクロスF 娘々スペシャルメドレー特盛
ユメノトビラ
えれくとりっく・えんじぇぅ
SHINING LINE*

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。