ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

【雑談】帰省

先日、日帰りで岐阜に帰郷してきた。

親族(叔父)の葬式だったんだけど、亡くなった叔父は父親側・母親側の親戚で重なっている人も多く、92歳の大往生ってこともあって、不謹慎かもしれないが今回は「親戚・親族への顔見せ」も兼ねて参列した。

参列者は、思ったとおり久しぶりに会う親族・従兄弟ばかりで、ぶっちゃけ同窓会感覚。

大半は叔父の血縁関係者なんだけど、こんな親戚いたか?というような謎の人、存在だけは聞いていた子供や嫁さん、そしてオレの父親の古くからの仕事関係者や、ご近所さんなどもいたりして、なんだかんだで、参列者の半分くらいは面識のない人だった。

「おお、君が噂に聞いた、××さん(←親父の名前)ところの次男坊か! 初めまして!」
「は、はあ・・・」(;・∀・) ※リアクションに困る

「おお、コウジかあ! やっとかめやねー! ちーっとも帰ってこんもんで、どうしとるんやろって心配しとったんやて」
「は、はあ・・・」(;・∀・) ※昔から可愛がってくれた親戚の叔母さん

「おお、コウジかあ! 誰やと思ってまったげ-。なにいっとんの、お前が小さい頃なあ、オレが(以下ry)」
「は、はあ・・・」(;・∀・) ※まったく記憶になく、一番困るタイプ

そして式の終了後、たまたまオレが一人になったときに、白髪の中年男性がオレに近づいてきた。年齢は還暦前後、身長はオレより低かったので、165~170くらいだろうか。

「コウジくんかあ。見違えたな」

その男性は、具合が悪いのかマスクをしていた。「もうコウジくんは覚えていないだろうけど、キミが小学校に入学する以前に、僕はキミたち兄弟をかわいがっていたんだよ」

また出た! さっきのパターンだ。申し訳ないが、まったく記憶がない。

「いやあ、立派になって。他の兄弟は岐阜にいるからちょくちょく見かけるけど、コウジくんだけは東京だから、ご両親から聞くだけだったからさ」

え? 誰? 誰?( ゚Д゚)

「昔、キミのお父さんが起業したばかりのころ、僕は従業員だったんだよ。なので、暇なときはキミと遊んであげていたんだよ。キミが一番僕になついていたんだけどなあ。さすがに、覚えていないだろうけど」

え? 誰? 誰?( ゚Д゚)

懐かしいといいながら、葬式の場所とはいえ、どことなくテンションが低くて元気がなさそうだった。

「キミが6歳のときに僕があそこの喫茶店に連れていったとき、トイレの鍵が特殊で出られなくなって大騒ぎになったんだよ。もう覚えていないだろうけど」

おおおおおおおお、そのトイレに閉じ込められてしまった記憶はハッキリ覚えている!(トイレの鍵は千差万別だから、6歳では難しいものもあった)

オレ「すみません、大変失礼ですが、どなたでしたっけ?」

「○藤っていうんだけど」

マスクを取る○藤さん。

頬がげっそりとこけている。白髪と相まって明らかに具合が悪そうだ。

オレ「あれ? もしかしてHさん(下の名前)?」

「そうそう!」

ニッコリ笑うHさん。

オレ「なんだ! Hさんだったら、声かけの段階で名前いってよ!」

Hさんは、たしかに遊んでもらった覚えがあるし、顔もぼんやり覚えている。オレの母親からも「Hさんって昔いたでしょ? あの人、今ね」と、たまに聞いていたから、ずっと記憶に残っていたのかもしれない。

いやあ、じつに38年ぶりの対面だ。

オレ「わかる、わかるよ! Hさん! オレ、トイレに閉じ込められたの覚えている! いやー、懐かしい( ´∀`)人(´∀` )」

しかし、面影がほとんどない。まるで別人だ。

名乗ってもらわないと、絶対にわからなかった。

オレの知っているHさんはもっと体格がよかったし、もっと大男だった。

オレ「Hさん、身長も体重も小さくなった?」

「いや、身長は昔から変わってないよ。ただ、体重は減ったね。最近、肝臓を悪くしちゃってね」

なるほど、当時6歳のオレから見たら、165センチのHさんが大男に見えたわけだ。

オレの脳内イメージでは、スポーツ選手や格闘技の選手みたいなカッコいい人だったんだけど、ここにいる実際のHさんは、身長も体重も、オレより二回りくらい小さい。

少しショックだった。

「お兄ちゃんとかは岐阜にいるからたまに会うけど、コウジくんだけはご両親から聞くだけだったからさ。ずっと顔を見たかったんだよ。いやー、30年も経っているのに、覚えていてくれてうれしいよ。そうか、あのコウジくんが、こんな立派に・・・」

Hさん、よく見たら涙ぐんでいる。

でも、ちょっとオーバーな人だな。

せっかくなので、記念写真を撮って解散。

オレ「Hさんも、お元気で!」

「いやー、今日は来てよかった! こんなに立派になったコウジくんに会えた」

涙ぐみながら握手して別れた。

--

葬儀場をあとにして、帰りの車の中は、両親とオレたち兄弟だけ。

オレ「いやー、さっきHさんに38年ぶりに会ったよ」
親父「あれ? お前、そうだったっけ? あ、そうか」

どうやら親父たちは、オレとHさんの劇的な再会に気がつかなかったらしい。

親父「Hさん、C型肝炎で娘さんから肝臓を移植してもらったんだって。お父さんたちも今日、久しぶりに見かけたけど、やせ細っていてビックリした。あれは回復していないな・・・」

--

そして帰りの新幹線、泣いていたHさんを思い出してオレも号泣。

今、これを書いていても、6歳のオレをかわいがってくれた、記憶の中にあるカッコいい大男のHさんと、今日涙ぐんでいたHさんが重なって、涙が止まらない。

ムリして日帰り帰省して、ホントによかった。

とても今のオレは立派とはいえないが、闘病中のHさんを喜ばすことができて、ホントによかった。

オレの存在や成長した姿が、Hさんの余生と心の支えになれば、こんな嬉しいことはない。

今日はリアルに「ドラえもん・おばあちゃんの思い出」を体験できた気分だ。

どうしても書かずにはいられなかった。

読んでくれてありがとう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。