ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

高校時代(8)チープなグラフィックでも面白かったアドベンチャーゲーム

電波新聞社のナムコ移植作品を堪能したところでMZ-1500の本体性能に限界を感じ、中学時代に指をくわえて眺めるだけだったアドベンチャーに手を出した。

プレイしたアドベンチャーゲームのなかで強烈に記憶に残っているのが「デゼニランド」「惑星メフィウス」、そして「タイムシークレット」の3本だ。

前者2本は有名作なので、プレイの感想などは割愛する(みんなと同じ評価なので)。しかし、最後の「タイムシークレット」を知る人は少ないだろう。

Wikipediaから引用・アレンジさせてもらうと、「タイムシークレット」は、ソフトメーカーとしては規模の小さな「ボンドソフト」という会社から発売され、広告も雑誌の後ろのモノクロページに細々と掲載される程度で、決して脚光を浴びる境遇ではなかったが、マイコンBASICマガジンの『チャレンジAVG&RPG』コーナーで取り上げられ、山下章が高く評価したのをきっかけに知名度が上がったアドベンチャーゲームだ。

この「タイムシークレット」の胡散臭いモノクロ広告を見ると、対応機種欄にMZ-700の名前がある。「おや? MZ-1500はMZ-700の上位互換なので、遊べるな……」

しかしMZ-700版の画面写真を広告で見ると、MZ-700は高精細なグラフィック機能を持っていないので、画面は今で言うところの「やる夫」みたいなキャラクターグラフィック(アスキーアート)で構成されていた。

オレは大いに悩んだ。広告は雑誌の後ろのモノクロページに細々と掲載される程度で胡散臭いし、メーカーも聞いたことないし、MZ-700版の画面はキャラクターグラフィック(アスキーアート)だし、どう見ても地雷臭がハンパない。

しかし、「アドベンチャーゲームにグラフィックは関係ない」という信念の元で、半信半疑で本作のカセットテープ版を購入してプレイしてみたら、ものすごく面白かった。

この「タイムシークレット」を好意的にプレイできたのが、昔から小説が好きだったこともあるかもしれない。

例えるなら映画と小説のようなもので、グラフィックがチープでも、シナリオが面白ければゲームは面白いということを、この「タイムシークレット」は教えてくれた。

あと記憶に残っているのはMZ-1500版「ロードランナー」だ。

当時「ロードランナー」はファミコンでも遊べたし、アーケードでもアイレムが出していた。

が、MZ-1500版「ロードランナー」は、画面がブローダーバンドがアップルII向けに発売した本家「ロードランナー」に似ていて、本物感が漂っていたので購入した。

ファミコン版やアーケード版よりも遊びやすかったし、ステージ数も多くてコストラクション(エディット)モードもついているなど、とにかくゲーム本編は面白く、かつ多機能で大ボリュームで大満足だったのを覚えている。

いま振り返ってみても、MZ-1500版はいい移植だったと思う。

MZ-1500はがっかりハードではあったが、それなりに楽しませてもらった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。