ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

予備校時代(5)アーケードならではのゲーム

「予備校時代(2)思い出のアーケードゲーム」たちでピックアップしたゲームをすべて紹介していくとキリがないので、ワンポイントで紹介していく。

●R-TYPE(アイレム)
画面に収まりきらない超巨大ボスや、フォースの付け替えによる戦略的なプレイシステムなど、「グラディウス」でテンプレ化した横スクロールシューティングをさらに発展させた金字塔タイトル。苦手だったけど面白くてよくプレイした。

●WECル・マン24(コナミ)
ぐるぐる回る大型筐体が印象的だった。名古屋駅の西口のゲーセンでよく遊んだ。

●ダライアス(タイトー)
3画面筐体、ボディソニック、ヘッドホン端子が印象的。これは名駅レジャックでよく遊んだ。

●スーパーハングオン(セガ)
アフリカコースが簡単で面白かった。曲は「Out ride a crisis」が好きだった。河合塾横のゲーセンでよく遊んだ。

●ドラゴンスピリット(ナムコ)
星ヶ丘キャロットにはヘッドホン端子つきの筐体があって、録音して聴いていた。

●オペレーションウルフ(タイトー)
ゲームは2~3回しかプレイしていないが、マシンガンのグリップ部分に振動システムをつけて、トリガーを引くとバリバリとグリップが震えるのが斬新で、当時とても感心した。この作品以降、どのメーカーもマシンガンゲームは必ずコントローラが振動するようになった。これは本山のゲーセンでよく遊んだ。

●1943(カプコン)
この当時の縦スクロールシューティングとしては、一番面白かった。パワーアップアイテムのバリエーションが豊かなのとメガクラッシュ(敵一掃ボム)が出しやすかったからだろう。難易度も低めだった。これは千種と今池の中間にあるゲーセンでよく遊んだ。

●ダンクショット(セガ)
トラックボールの見下ろし視点バスケットゲーム。バスケットとトラックボールは非常に相性がよく、ゲームも簡単だったので、よく遊んだ。これも千種と今池の中間にあるゲーセンでプレイ。

その他、まだまだ語りたりないのだが、このへんにしておく。

大型筐体ゲームだけでなく、いわゆるレバーとボタンのテーブル筐体ゲームもそつなく遊んでいたのだが、ある日を境にプレイしなくなる。

1987年は、家庭用ゲームではファミコンが猛威を振るい、アーケードゲームが脅かされて、セガやタイトーが大型筐体次々とタイトルをリリースしていた。

X68000で「グラディウス」が、PCエンジンで「R-TYPE」が完全移植され、テーブル筐体ゲームもアーケードと家庭用の差が埋まりつつあった。

ある日、いつものように予備校近くのゲーセンでとあるスクロールシューティングをプレイしていると、いつものように友人・溝口がやってきた。しかし溝口は、オレが好きなこのゲームをまったく興味のない目で見る。

「なあ溝口、これ面白いよ。興味ないの?」
「ない」
「なんで?」
「だってそれ、○○の亜流だし、そんなのすぐに家庭用に移植されそうじゃん。なぜゲーセンでそれやるの?」

そこでハッと目が覚め、なんだか自分はゲームを見る目がないような気がしてしまって、それ以降オレは「決してゲーセンじゃないと遊べないタイトル」に絞ってプレイするようになった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。