ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

予備校時代(7)家庭用ゲームは、やはりスルー

アーケードで画期的なゲームが続々と誕生し、8ビットパソコンではゲームミュージックが注目され始めた1987年の、家庭用ゲーム機にも軽く触れておこう。

なぜ「軽く」なのかというと、当時ほとんどスルーしていたので記憶がないのだ。まずこの年の初頭にはファミコンで「ドラゴンクエストII」が発売されたのだが、家庭用ゲーム機のRPGに興味がなく、受験もあったので、まったくプレイしなかった。

自分のお金で購入したファミコンソフトは、ジャレコの「燃えろ!プロ野球」だけだと思う。オレはこの当時プロ野球観戦にもハマっていて、ちょうど87年は中日ドラゴンズに星野監督が就任して落合が加入した年だ。

なので名古屋はドラゴンズフィーバーにわきあふれ、もともと中日ファンだったオレは、思いっきり影響を受けてしまってジャレコの「燃えろ!プロ野球」を買ってしまった次第だ。見た目は悪くないのだが、まあひどいゲームだった。

ファミコンには興味はなかったが、前にも書いたとおり兄と弟がいたおかげで、「リンクの冒険」「新・鬼ヶ島」などなど、自宅のソフトラインナップは充実していたが、まったく遊ばなかった。

この年はNECからPCエンジン、セガからはマスターシステムが発売になるのだが、どちらも食指は動かなかった。しかし、PCエンジンの「R-TYPE」は完全移植を実現していて(厳密には違うのだろうが、当時のオレからはそう見えた)、ずいぶん感心した覚えがある。

ファミコンよりも、アーケードゲームやX1をいじっていたほうが楽しかったんだと思う。

ゲーム雑誌でのゲームミュージック特集はマイコンBASICマガジンがずば抜けていたが、Beepもそこそこ頑張っていた。

以前も書いたが、Beepは譜面を掲載したりソノシートを付録につけたりと、特集や付録を気に入ったときだけ購入していて、定期購読には至らなかった。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。