ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

フリーライター時代(6)ザ・スーパーファミコンとBEEP!メガドライブ

オレが本格的にライターデビューした1991年は、ゲーム業界のライターや編集者の知り合いもどんどん増えていった。

オレは主にソフトバンクのザ・スーパーファミコン、角川のマル勝スーパーファミコン、マガジンボックスのゲームボーイの3誌で書いていたのだが、一番仕事をもらっていたのがザ・スーパーファミコンだった。

この頃のソフトバンク出版部・アミューズメント局は、川口さんがザ・スーパーファミコン編集部とBEEP!メガドライブ編集部の編集長を兼任していて、川口さんはピンボールが好きだったので、「川口さん、オレもピンボール好きなんですよ」と押しかけアピールして覚えてもらった。

なおこの当時はBEメガの副編集長は近藤さんで、のちにドリマガ編集長となる西村さんは、まだヒラ編集だった。BEメガはライターがほぼ固定だったために、ほとんど仕事はもらえなかった。

ザ・スー編集部では北村さん(現SBクリエイティブGA文庫編集長)が当時ヒラ編集で、よくオレに仕事を振ってくれた。

この当時、ザ・スーには南雲くんというアルバイトがいた。南雲くんはこの当時あまりゲームには詳しくなく、もともと須田PINと面識があったのでこの業界に興味を持ち、アルバイトを始めたとのこと。

この当時はまだ印刷技術はアナログの時代で、紙媒体は版下を作って印刷所に入稿していたのだが、ポジフィルムを版下に載せる際に場所を決めるための「あたり」作業という非常にツライ仕事があった。

この南雲くんはザ・スーとBEメガ誌面に使用するポジフィルムのほとんどのあたり作業をやらされていて、雑誌の編集バイトは本当に大変なんだなあと、隣で見ていて同情してしまった。

南雲くんこそ、このつらいザ・スー編集アルバイトをバネに川口編集長の紹介で92年にセガに入社し、さまざまな部署を経てのちにCSプロモーション部パブリシティチームマネージャーとなる南雲靖士氏だ。

南雲くんは、オレがのちにドリマガやゲーマガで無茶な企画を立案したときも快く了承してくれたり、ゲーマガ編集長に就任したときは胡蝶蘭を送ってくれたし、ゲーマガが休刊した際はおつかれ飲み会を開催してくれたりと、本当に本当に感謝している。

南雲くんとは不思議な縁が続いているので、またどこかでバッタリと会うかもしれない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。