ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

【ディズニー】シー/ミニーのトロピカルスプラッシュ

IMGP7320

東京ディズニーシーの夏イベント「サマーフェスティバル」のメインイベント、「ミニーのトロピカルスプラッシュ」にハマっています(;・∀・)

今でこそ、シーの夏イベント=ハーバー全域で水ぶっかけが定着しましたが、ここに至るまでは歴史があります。

まず2005年に「チップとデールのクールサービス」がアトモス扱いで始まり、2006年には正式なショーとしてTodayにも載るようになりました。

当時はなぜかジャミターズが乗っていたり、2回目はスチーマーラインのルートでパークを1周してましたよね。

最後はリドアイルだけ集中放水タイムがあって、ずぶ濡れになりたい人はリドに集中していました。

逆に、その他のハーバーエリアは、船が通過するときに船からかけてもらうだけだったんですよ。

2009年になると「デラックス」になって大幅リニューアル、放水船が1台から3台に増えて、ザンビ前とカフェポルトフィーノ前とミキ広でも放水も始まりました(陸上放水、もしかしたら2010年からだったかもしれません(;><))。

陸上の放水は消火栓を流用しているので、ザンビ前とカフェポル前は、突然背後から謎の大量放水が始まるという意外性がウケていたように思います。

また、リドほど待たなくても短い待ち時間でお手軽にずぶ濡れになれるお得感もありましたよね。

個人的に、ザンビ前は一時期リドアイルよりもヒートアップしていた気がします。

2011年は「サマーオアシススプラッシュ」になり、2回目のパーク一周公演がなくなりました。

2013年から「ミニーのトロピカルスプラッシュ」になり、そして2015年からはザンビ前とカフェポル前の背後からの放水が廃止となって、すべてハーバー側からの放水となり、現在に至ります。

いやーしかしまさか、こんなハーバー全域で消火ホースによるガチ放水が行われるとは、当時は夢にも思わなかったです(;・∀・)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。