ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

【日常】SMAP稲垣吾郎は同性愛者? オレはこう思う

SMAPの稲垣吾郎が、ゲイとかホモとか言われている。オレはあんまりよく知らないのだが、昔からネット上で50代男性との同性愛疑惑があって、つい先日のバラエティ番組でそれを語ったそうだ。

その50代男性のヒロくんとは家族同様の仲良しな関係で、同じベッドで寝たことがあったり、「お風呂もぜんぜん一緒に入れる」「同じ電動歯ブラシを毛先だけ変えて使用する」「精神は恋人のようなもの」と発言したりしたそうだ。

稲垣とヒロくんは同性愛者とは名言していないのに、Yahoo!知恵袋や2ちゃんねるまとめなどでは、「名言できないだけ。察してあげなよ」というコメントや感想が多く見られ、なにやら「稲垣は同性愛者」が、確定事項として一人歩きしている。

うーん。そうなの? 彼らは同性愛者なのか?

オレはこの番組を見ておらず、ソースはネットのニュースだけだが、彼らはノーマルだと思う。

オレは舞浜のディズニーホテルが大好きで、ミラコスタもアンバサダーもランドホテルも泊まりたいんだけど、まあこういうホテルに男が一人で泊まるというケースは、まずない。

女性はいいなと思う。女性同士で温泉旅行や海外旅行にいったり、ディズニーランドにいったり、ディズニーホテルに泊まったりというのは、非常によくある話だし、聞いていても違和感ない。

しかし、男性はそうはいかない。男性同士で温泉旅行や海外旅行にいったり、ディズニーランドにいったり、ディズニーホテルに泊まったりというのは、ちょっとありえない話だし、聞いたら普通の人は違和感を抱くだろう。

まさにその違和感が、今回の稲垣吾郎とヒロくんの関係だ。女性同士でお泊まりしたり海外パーク行ったりはOKだが、これが男同士だと、とたんに同性愛者扱い。

彼らは勘違いされようが不気味に思われようが、堂々としている。女性同士がしているのなら、男性同士だってしててもいいでしょ? ということなのだろう。なのに、ホモとかゲイとか同性愛者扱いされて、ちょっと気の毒に思った。

なので稲垣の気持ちはわかるし、むしろあんなバラエティで同性愛者扱いされてでも堂々と「大好き」という気持ちを自然に口にして当たり前のように語れる態度には恐れ入ったし、ちょっと羨ましいとさえ思ってしまった。

まあオレの場合は、一刻も早く、一緒に旅行にいったりディズニーランドホテルに泊まれるような女性の相手を見つければいいんだけどね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。