ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

【カメラ】ペンタックスからキヤノンへ乗り換え

昨年11月にデジタル一眼レフを、ペンタックスからキヤノンに乗り換えた。

乗り換えたボディは、キヤノンEOS 6D。

乗り換え理由は、

フルサイズがほしかった

から。それだけ。
ペンタックスはフルサイズカメラがないので、仕方なく。

ペンタックスはK-mのころから使い続けていたから思い入れも強いし、今でも好きなんだけどね(;><)

6Dに機種変更して思ったこと。フルサイズは

よくボケる
高感度に強い

っていうのを、改めて実感(・ω・) 特に感度(ISO)は、3200や6400でも躊躇することがなくなった(゚∀゚) というか、持っているレンズが手ぶれ補正ナシなので、増感せざるを得ない(;・∀・)

6Dにした目的は「フルサイズ」「ボケ」「高感度」だったんだけど、Wi-Fi機能が予想以上に便利!(゚∀゚)

自撮りの際、iPhoneで構図や範囲を確認してシャッターを押せるから、コスプレ撮影ではホント助かる!!!

撮った写真をiPhoneに転送できるのもイイ!
(速報でうpしたりとかね)

いやー、時代は進化したなぁ( ゚Д゚)

本体と一緒に、レンズもタムロンの「手ぶれ補正つきで24-70mm F2.8」に買い換えたんだけど、これの画質がすっごくいい! 純正じゃなくて不安だったけど、これはホントにスゴイ。

高感度に強いからシャッタースピードは常に速めにして撮っているんだけど、「人に渡してオレを撮ってもらう」際は、やっぱり手ぶれ補正は必要だと強く感じる。

例えば、ペンタックスのK-xは、ファインダー内にピント合焦位置が表示されない。

「オートフォーカスを中央1点にして、シャッター半押し」という、「カメラ撮影の基本中の基本」を知っていればまったく困らないんだけど、人に渡してオレを撮ってもらう際「どこにピントが合っているかわからない」と言われたことがある。

それと同様で、カメラって「オレが撮れればいいのだ」じゃないんだなあと。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。