ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

【雑談】2015年・夏コミ(C88)総評

IMGP8309

2015年夏コミケ(コミケ88)、終わりました。

今年はデレマスの武内Pやりたくて、どうせだったら「コミケ→となコス」×3とフル参戦してやろうと気合い入れて臨みましたよ。

3日目も武内Pやる気満々だったんだけど、せっかくいい感じに日焼けしているのにファンデで真っ白にしてしまうのはもったいないと思ってしまって、ラス日はアイカツのジョニーにしました(;・∀・)

そしたらラス日が一番デレマスレイヤーが多かったというね……。ドンマイ、オレ( ;∀;)

今年のコミケで思ったことは2つ。

まずスプラトゥーンが多かった! 多いっていっても、ラブライブやとうらぶほどではないけども、思ったよりも多かった。

コスプレイヤーが多かった=オタクにも刺さっているってことなので、天国の岩田社長も喜んでいるんじゃないかと思う。

そして男性のレイヤーがググッと増えた。去年(2014年)も「Free」の男性レイヤーとか多いなあと思ったけど、今回は今までの中で一番多いように思う。

ひと昔前(ボカロブームあたり)だと、男性レイヤーは「青いウィッグを被っただけのKAITO」なんてのが大半だったけど、キレイに眉毛を整えてファンデーションも塗って、というイケメン美形メイクの男性レイヤーが目立った。

そういう男性レイヤーに人気だったのが、とうらぶと弱虫ペダル。とうらぶって衣装はガッツリ冬服なので、冬コミはもっと男性レイヤーが増えると思う。

昨今コミケのコスプレ広場では「アイドル気分を味わいたい女の子がスケッチブックを脇に立てて男性カメラマンに取り囲まれて悦に入る」というシーンをよく見かけるけども、近い将来、これの男女逆転現象も出てくるんじゃないかなー。

自分がまずその口火を切ってみたい、とも思っているwww

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。