ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、いろいろ書き散らかします

【画像あり】40代のおっさんがガチで「はがない小鷹」のコスプレしてみた

IMG_4768

テキストはどうでもいいから、とにかく写真だけ見たいって人はこちら
http://umechannel.jp/?p=1575

以下、メイキング。

2011年に放送された、アニメ版「僕は友達が少ない」(はがない)。その当時はオレはリアルタイムで見ていたんだけど、観ている最中、非常にぶっ飛んだ覚えがある。

このアニメ、主人公たちは聖クロニカ学園という学校に通っているのだが、この学校の中庭は、我が故郷・岐阜に実在する長良公園という場所がモデルとなっている。

40c4adec255d88c2
e72cd96fd22f01de

「岐阜が聖地か、こりゃ要チェックだな」と毎週リアルタイムで見ていたのだが、8話の冒頭で小鷹が駅の改札前をトボトボと歩いているシーンで絶句した。

なんと実家の最寄駅、JR東海道線の穂積駅が「はがない」の背景に登場しているじゃないか! 「あれ? ここ穂積駅じゃん!」と一人大興奮。

img_0img_1

こんなマイナー駅を、よくもまあ起用したもんだ。しかもすっげえ細かいところまで描きこんで再現しているうえに、わが地元の穂積駅が聖地になるなんて最初で最後だろうから、そういう意味でもホント大興奮。

他にも「ここ?」というような、実家近くのマニアックなロケーションが作品中に登場し、そんな経緯もあって「はがない」は思い入れがちょっと強かったりする。

で、帰省のついでに長良公園にも何度か聖地巡礼で赴いていて、アニメ放送直後に小鷹のコスプレして記念写真撮ったこともあるんだけど、どうせだったら隣人部集めて撮りたいなあという野望は、ずっと以前から抱いていた。

そして今回、オレの呼びかけの元、夜空、星奈、小鳩が岐阜の長良公園に集まってくれた! いやー、わが故郷・岐阜にこれだけの人が来てくれて、本当にうれしかった!

IMG_4723

長良公園には「はがないの聖地にようこそ」という立て看板が設置してあったりして、なかなか積極的。うれしいねえ。

当日は聖地巡礼と思わしきオタク青年がいて、オレらを見つけると目の色を変えて食いついてきました。なんと台湾から来日したアニオタで、1カ月かけてアニメの聖地を巡礼しているんだそうな( ゚Д゚)

小鷹コスはもう4回目くらいなんだけど、特に特徴もなく(・ω・) ホントはウィッグも設定どおりにプリンにしたかったんだけど、オレにそこまでのスキルがなくて、他の3人にちょっと申し訳なかった。

繰り返しになるけど、岐阜に来てくれてありがとね>夜空、星奈、小鳩

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:梅田浩二。92年セガ入社。AM2研でバーチャファイターなどの広報を担当、97年に雑誌の編集へと転身し、2004年にゲーム総合誌ゲーマガの編集長に就任。アイマス、街、逆転裁判、初音ミク、中川翔子連載、喜屋武ちあき連載、あきまん連載、Beep復刻版書籍などを担当。2012年4月ドワンゴに転職、2014年3月同社を退社。岐阜出身。今一番熱い趣味はコスプレ(イラスト:岩元辰郎)

このブログについて

ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・ウメPが、アニメ・ゲーム・コスプレなどのアキバ系カルチャーの魅力をお伝えする個人ブログです。

独自の視点と切り口で、マニアックな情報や無駄な知識と自己主張をお届けしますので、好き嫌いがわかれるかもしれません。もし気に入っていただけましたら、ツイート、ブックマーク、お気に入り登録などなどお願いします。

ブログ内検索

お問い合わせ

権利について

当サイトに掲載している画像の肖像権・著作権・所有権は、メーカー、モデル本人、所属事務所、各権利所有者及び撮影者に帰属します。画像の複製・転載は禁止させていただきます。関係者より掲載内容の訂正や削除の要請を受けた場合は、内容を確認の上、速やかに対応いたします。